包装きり餅・大福などの冷凍和菓子・切干大根・煎り糠・唐辛子関係などの農産乾 物の製造・販売のまるほ食品

お客様に喜ばれる食品つくりをめざして

弊社は昭和48年汲ルしのや食品工業として東京で操業開始。最初は唐辛子の小分け包装販売から始まりました。
平成3年に佐野市に工場を作り、製造拠点を移転しましたが、平成14年より足利工場を操業開始しました。主な商品は包装きり餅、大福などの冷凍和菓子、それに切干大根、煎り糠、唐辛子関係などの農産乾物です。

足利工場を作るときに、本格的なクリーンルームでの包装きり餅を目指し、とにかくおいしくて安く、又事故が無い餅工場を目標に掲げました。その成果でしょうか。足利工場に移ってからは、もち米の粉から作る粉餅では業界ナンバーワンになっております。

又、和菓子工場のほうも平成17年2月佐野工場から移転し、以前は、スパイラルフリーザーだけで和菓子を凍結しておりましたが、現在は新たにトンネルフリーザーを加え、2ラインで完全凍結しております。その結果すべての商品を完全急速凍結することが出来、お客様に喜ばれております。
切干大根につきましては平成16年2月切干大根では初めて有機小分け認定を取り、大手量販店様にも納入させていただいております。
創業以来私どもの目標としておりますのは、心からお客様に喜ばれる商品つくりです。そのためには味は一番ですが事故が無く、安心して食べていただける商品作りを目指しております。

シングルパック包装機 餅計量包装機 スパイラル冷凍機 切干計量包装機

会社概要

社名 株式会社 まるほ食品
所在地 本社 〒121-0831
東京都足立区舎人5丁目18番地32号
TEL:03−3899−1474
FAX:03−3857−1830
Eメールアドレス: junnama1p@maruho-f.com
  足利工場

〒326-0337
栃木県足利市島田町269
TEL:0284−71−4631
FAX:0284−71−8732

資本金 3千万円  
創業 昭和38年2月1日  
設立 昭和48年02月23日 有限会社ほしのや食品工業設立
  昭和59年12月21日 株式会社まるほ食品に社名及び組織変更
  昭和63年04月 佐野工場開設
  平成13年07月 足利工場開設
  平成17年01月 佐野工場閉鎖、足利工場へ前面移転完
代表取締役 渡谷勇一  
取引銀行
東日本銀行 舎人支店  
三井住友銀行  千住支店 城北信用金庫 入谷舎人支店
三菱東京UFJ銀行 千住中央支店 全東栄信用組合 舎人支店
従業員 約60名  
年商 約13億円  
業務内容 食品の製造販売  
営業品目
切餅 主要設備 切餅生産ライン一式
和菓子   〃 和菓子生産ライン一式
いりぬか   〃 いりぬか生産ライン一式
唐辛子   〃 農産乾物包装機
切干大根   〃 冷凍、冷蔵倉庫
主要取引先 伊藤忠食品株式会社 双日食料株式会社
  加藤産業株式会社 黒岩食品株式会社
  株式会社三香園商店卸部 東京青果株式会社
  株式会社サンヨー堂 青果卸売市場各社
  下田商事株式会社  株式会社日本アクセス
  三井食品株式会社  株式会社菱食
   
   

▲ページトップへ
Copyright (C) 2010 maruho.inc. ALL Rights Reaserved